いちご鼻の洗い方はとても大事で、日頃の洗い方次第では、いちご鼻を改善することができます。正しい洗顔方法を知っている人が少ないので、いちご鼻を改善できていない人が多いだけなのです。

洗顔する時は、肌の汚れをしっかり落とすことです。いちご鼻の洗い方は気をつけないといけません。弱酸性洗顔料が肌に良いから使っている人は多いのですが、これでは、汚れの除去力が低いので、肌に汚れが残ってしまいます。

わざと油分を肌に残すよう作られているので、美容液などの保湿成分がしっかり浸透しません。いちご鼻の洗い方で大事なのは、洗顔する時は、弱アルカリ性の洗顔料を使うことです。泡立ちが少ない洗顔料でゴシゴシと鼻をこすったり、 指の腹を使って洗い流すのもタブーです。指の腹で洗うと逆効果です。肌への刺激で角質が傷ついて乾燥しやすくなり、メラニンが発生して黒ずみの原因になります。

いちご鼻の洗い方のポイントは、できるだけ泡は大きくたくさん作り、指の腹と肌の間のクッションで洗うことです。そして洗った後は、ビタミンC誘導体入りの化粧水を使うことです。